《接遇マナー研修》

平成31年3月1日(金)

……  北竜町役場

 

 受講後のご感想 

・電話応対の際の声の強弱など普段は考えていなかったので、とても勉強になった。また、普段なにげなく使っている

 言葉について、より丁寧な表現にしたりなど、より住民の方々に信頼される電話対応をしようと思った。名刺の取り

 扱いは知らないことが多かったため非常に勉強になった。
 

・電話のかけ方について、必ず名前などを確認して対応することや、席を外している際の電話の相手への伝え方などが

 とても参考になりました。名刺の交換の作法では、相手の名刺が縦ならば自分の名刺入れを縦にしたり、交換する際

 に名乗ってからおじぎを1回するだけでよいことを知ることができて、参考になりました。
 

・名指し人不在対応は、中々実習や指導を受けていなければ失礼な対応になってしまうため、今回対応の行い方を何点

 か学べたのは大きな収穫であると思うところです。電話の不在対応を用紙を持っていてもわからない場合があるので、

 復唱、確認、質問が大切であると再確認しました。
 

・正しい言葉遣いやイントネーションなど、普段あまり意識せず話していたので、とても勉強になりました。私は仕事

 で対象者さんの病状など確認したり、検診の受診勧奨をしますが、電話は本当に準備が全てと思っています。短い時

 間で相手に誤解など不快な思いをさせないよう、これからもしっかり準備やシュミレーションをして電話応対をした

 いと思います。講師の方の講話する技術もともに学ばせて戴きました。ありがとうございました。   


《窓口職員対象接遇研修》

平成31年1月22日(火)

……  釧路地方法務局帯広支局

 

 受講後のご感想 

・前にも接遇研修を受けたことがありますが、今回の研修はより具体的で、自分自身が気づいていない部分、

 身についていないことがより多く理解できました。また、使い慣れていない言葉を、今後は業務全般の中

 で使用して、相手に不快な思いをさせないよう実践していきたいと考えます。

 

・お客様への対応時、クッション言葉を使用することが少ないと改めて感じました。また、クレーム対応時

 にまず「申し訳ございません」としか言えていないのですが、お客さまが何に対してクレームを付けてい

 るのか、こちらが理解していることを伝えるためにも、不快な思いをさせたのか、不便をかけたのか、その

 ことについて申し訳ないとの表現が必要なのだと教えられました。

    
・「折り返し」お電話する時間などについて、一般的な認識を確認できました。自分と他人の認識は異なって

 いることを念頭に置きつつ、以降も業務にあたっていきたいと思います。クレームをおっしゃるお客様は、

 私のような末席の職員が対応することは実際あまりないのですが、体をややずらして話す等のテクニック(?)

 を学ぶことが出来て、大変参考になりました。帯広での講師お疲れ様でした。


・本日の研修で一番参考になったことは、笑顔と笑声の効果です。お客様と接する際、笑顔には気をつけていま

 したが、「声」にまでは気が回っていませんでした。しかし、笑顔と笑声にはお客様を安心させる効果があり、

 結果として私達も安心することができます。今後もお客さまが主役であることを忘れず業務を行います。


《窓口職員対象接遇研修》

平成31年1月15日(火)

……  釧路地方法務局北見支局

 

受講後のご感想 

・クッション言葉を活用することによって、表現を柔らかくすることができること、応対の際に笑顔をつくることの

 重要性、クレーム対応の際の心構えや言葉づかいについて学ぶことができ、とても参考になりました。日常の業務

 では自己流で対応してしまったり、自分の悪い癖が出てしまったりすることが多々あるので、この研修で適切な接

 遇の仕方を確認することができてとても良かったと思います。ありがとうございました。
 

・少人数での接遇研修ははじめてでしたが、わきあいあい楽しく参加することができました。カメラも少人数だとあ

 まり抵抗なくできました。笑顔の大切さ、あいさつの仕方等、基本的な事が身についていない自分に気づかされ、

 あらためて接遇の大切さを教えていただきました。これからは相手の事を考えながら応対できるように心がけてい

 きたいと思います。ありがとうございました。
 

・クッション及びお詫び言葉の活用は、自分にとって大変参考になりました。(今まで私自身が身に付いているボキャ

 ブラリーが少なかったので)効果的な相づちはこれからも意識をし、相手に不快な気持ちを持たれないようにと思い

 ました。    

 
・国民から信頼され、国民の期待に応えるための接遇マナーの重要性について、改めて認識することができました。

 クッション言葉やお詫びの言葉なども実際に発声することで自分自身に定着させることができました。今後は、クッ

 ション言葉やお詫びの言葉を上手く活用して、お客さまが満足するサービスを提供したいと思います。また、クレー

 ム対処、ストレス対処として、相手の左目を見るということは参考になりました。


《接遇研修コミュニケーション力向上編》

平成30年10月25日(木)

……  共和町役場

 

 受講後のご感想 

・NL法やアサーティブな方法を初めて学んだのですが、スムーズな伝え方につながり、よりよい人間関係

 をストレスなく築くことができて、とても良いと感じました。これらが日本でもっと浸透すると、働きや

 すい社会が作られていくのではないかなと思います。本日は遠いところありがとうございました。今後の

 仕事に生かせるように実践していきたいです。
 

・新人ということもあり、一番心配だったのは電話応対でしたが、今回の研修で基本的なことや言葉遣いを

 学ぶことができたので、すごく良かったです。もう一点は、アサーティブコミュニケーションが自分にと

 って必要だなと思いました。断ることもお願いすることも得意ではないので、相手を傷つけない断り方など

 学ぶことができたので、これからの実務に活かしていきたいと思いました。本日はありがとうございました。
 

・私は自分の上司からのお願い等は基本「わかりました」と返事をしてしまうことが多く、まれに自分では抱

 えきれないような量になりそうになったこともありました。今回の研修では、自分の現況などと照らし合わ

 せながら、現実的に不可能な部分について、波風をあまりたてない断り方やお願いの仕方など、多くを学ぶ

 機会となったので、とても有意義な時間になったと感じた。
 

・本日の研修は、すごく参考になることがたくさんあった研修だと思います。名刺交換の仕方は、社会人になっ

 てから一度もしたことが無く、マナーがよく分からなかったのですが、実際に体験し学ぶことが出来ました。

 また、電話応対では実際に録音して自分の声を聞くと、くもっていたり聞き取りづらい印象だったので、はっ

 きり話すように心がけていきたいと思います。とても充実した研修になりました。

 今日一日ありがとございました。


《新採用職員フォローアップ研修》

平成30年10月19日(金)

……  北見市役所

 

 受講後のご感想 

・CWとして、被保護者宅へ訪問や電話応対の機会が多く、半年ほど働いて、中々心を打ち明けてくれな

 かったり、こちら側に敵意を持っているような方達の対応に苦慮していたので、今回学んだメラビアン

 の法則を意識して4つの壁を乗り越えて、より良い北見市職員を目指したいと思います。
 

・半年間業務に携わってからの研修だったので、普段の仕事でおろそかになっていた事や出来ていない点を

 確認できました。グループを組んでの実習は、コミュニケーションをたくさん取るいい機会となりました。

 また、他の人の実習を見て、自分に還元できるのもよかったです。    
 

・非常に有意義な時間でした。本日は誠にありがとございました。気さくで優しくやわらかな印象で、研修

 自体の雰囲気が良く、リラックスして講習を受けることができたため、しっかりと身に付いたかなと感じ

 ております。大変お疲れ様でした。


<< | 2/18PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

エスパス・マナーアカデミーHP

espace menu

エスパス・マナーアカデミー エスパス・マナーアカデミー エスパス・マナーアカデミー エスパス・マナーアカデミー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM